本文へスキップします。

ここから本文です

第3回 GPIF Finance Awards 講演会

2019年6月12日

第3回 GPIF Finance Awards 講演会

- 受賞者表彰 -

運用手法の高度化や金融商品の多様化が進む中で、年金積立金を安全かつ効率的に運用していくためには、年金運用に関して、実務的側面だけでなく理論的側面の充実が求められており、今後、学術研究態勢の強化が継続性を持って進むような環境づくりが不可欠です。今回、GPIFは、このような環境づくりを進めるため、調査研究の一環として、下記のとおり、講演会を開催することといたしました。

本講演会においては、調査研究の一環として実施しました第3回 GPIF Finance Awardsの受賞者表彰を併せて行う予定としております。

講 演 会

日時 : 2019年7月31日(水) 10:00~11:45

場所 : KKRホテル東京 11F「孔雀」
(東京都千代田区大手町1-4-1 TEL 03-3287-2921(代表))

次第 :

  1. 主催者挨拶、来賓挨拶
  2. GPIF Finance Awards 表彰式
  3. 講演
    • ①ジョシュ・ラーナー 氏(ハーバード・ビジネススクール教授)
    • ②與語 基裕 氏※
    • (講演①は英語で行われます。)

参加者募集

年金運用に関する研究者の方々等の参加を募集します。(先着順、参加無料)

  • 参加をご希望される方は、氏名、勤務先等、電話番号、メールアドレスを明記の上、7月24日(水)までに電子メールにて、下記の申込先までお申し込みください。
  • 当法人からの確認メールの送信をもって登録とさせていただきます。(フリーメール(Gmail等)を利用したお申し込みはお控えいただきますようお願いいたします。)
  • 当日受付にてお名刺を頂戴の上、ご入場していただきます。

    E-mail : gpif-awards-3rd@gpif.go.jp
    件 名 : 講演会参加

後援

厚生労働省、文部科学省、金融庁、国家公務員共済組合連合会

※GPIF Finance Awards受賞者について

受賞者

與語 基裕 氏(プリンストン大学教授)

選考理由

研究分野は、ファイナンス・保険分野・計量経済など多岐にわたっている。中でも資産価格決定理論および投資会社と保険会社の仕組みと役割について顕著な功績があり、今後さらなる活躍が期待されるため。