本文へスキップします。

ここから本文です

「世代間扶養」における意義

日本の公的年金制度(厚生年金保険及び国民年金)は、サラリーマン、自営業者などの現役世代が保険料を支払い、その保険料で高齢者世代に年金を給付するという「世代間扶養」の仕組みとなっています。

将来、現役世代が年金を受給する世代になったときには、その時の現役世代の保険料が年金に充てられることになります(自分が積み立てた保険料が将来年金として戻ってくる仕組みではありません)。

公的年金制度における世代間扶養の仕組み

※斜めの帯のそれぞれは、同時期に20歳に到達したある世代が、時の経過により年齢が上がり、現役世代という支え手側から、年金世代という支えられる側へと移行する様子を示したものです。