本文へスキップします。

ここから本文です

データ登録に関するQ&A

目 次

  1. 募集期間、審査などのタイミングについての質問
  2. 登録対象運用資産等についての質問
  3. 登録手続きについての質問

Q1-1.応募はいつでも可能とのことですが、いつ頃、採用の審査がされますか。

A.マネジャー・エントリー制度の趣旨は、幅広く、継続的に情報を収集し、柔軟に運用機関を入替・採用することにありますので、応募はいつでも可能としています。そのため、いつ採用するかは予め決まっているわけではありません。登録された情報は常時チェックしていますので、当法人の必要に応じてミーティングを実施します。採用の優先度が高いカテゴリーがある場合は、別途ホームページ上で告知する場合があります。

なお、登録情報の更新がされない場合には応募を取り消す場合があります。

Q2-1.登録できる運用対象あるいはベンチマークは決まっていますか。

A.当法人の基本ポートフォリオにおけるベンチマークは以下のとおりですが、これ以外のベンチマークも対象としていますので、各資産の公募要綱に記載されているベンチマークをご参照ください。なお、採用済みのマネジャーベンチマークについてはホームページで開示している「業務概況書」を参照ください。

なお、登録カテゴリーは、当法人のマネジャー・エントリー制度支援業務の委託先であるマーサーのデータベースの定義に従って選択してください。(カテゴリーの種類の一覧は、マーサーのWebベースのデータベースのトップページからダウンロードできます。)

  • 国内債券:NOMURA-BPI「除くABS」、NOMURA-BPI国債、NOMURA-BPI/GPIF Customized、NOMURA J-TIPS Index(フロアあり)及びNOMURA-BPI物価連動国債プラスの複合インデックス(それぞれの運用金額による構成比で加重平均したもの)
  • 国内株式:TOPIX配当込み
  • 外国債券:FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ベース)
  • 外国株式:MSCI ACWI(除く日本、円ベース、配当込み、管理運用法人の配当課税要因考慮後)

Q2-2.外国株式と外国債券でグローバル株式やグローバル債券などの国内株式と国内債券を含んだ運用の登録は可能ですか。

A.可能です。ただし、外国債券と外国株式運用において、実際に採用するのは国内債券と国内株式を含まない運用となります。このため、運用実績の登録では、日本を含む実際の運用に加えて、国内株式部分を除いたカーブアウトのパフォーマンスを登録されることを強く希望しています。

Q2-3.外国株式・外国債券で為替ヘッジ付のベンチマークを対象とした運用の登録は可能ですか。

A.登録できる運用のベンチマークは、「為替ヘッジなし」になります。登録する運用実績のベンチマークはヘッジ付でないものにしてください。円以外の通貨でのヘッジ付ベンチマークの運用のリターンを円表示に変換した運用実績の登録は不可です。

Q2-4.オルタナティブ投資の登録は可能ですか。

A.オルタナティブ投資については、別のマネジャー・エントリー制度があります。以下を参照ください。
/investment/manager-entry/alternative-assets/

Q2-5.運用実績のない運用の登録は可能ですか。

A.登録には過去5年分の運用実績の登録が必須となります。5年満たない場合でクオンツ運用など合理的な理由があるときは、シミュレーションでの運用実績を加えることができますが、運用実績がまったくない場合には「エントリー」での応募はできません。

Q2-6.デリバティブを利用した運用の登録は可能ですか。

A.債券運用では、デリバティブの活用が一般的ですので登録は可能です。しかしながら、現段階では資産管理事務上の問題により、国内債券ではオプション及びスワップ、外国債券ではオプションは利用できません。

Q3-1.応募にあたって情報の登録はどのようにするのでしょうか。

A.情報の登録は、当法人のマネジャー・エントリー制度支援業務の委託先であるマーサージャパンのWebベースのデータベースに登録することになります。

具体的な内容は、「マネジャー・エントリー申込書」と「情報提供申込書」をダウンロードして確認後、マーサージャパン(連絡先は「マネジャー・エントリー申込書」と「情報提供申込書」の記載要領に記載)に「登録ガイド」の送付を依頼し、ご確認ください。

なお、新たな投資対象で登録する場合、必ず「登録ガイド」の送付を依頼ください。投資対象ごとに登録にあたって注意する点がありますので、必ずご確認ください。

Q3-2.再委託先の会社がマーサーのデータベースに登録している場合、応募会社はデータベースへの登録は必要ですか。

A.マーサージャパンのデータベースの区分で、応募会社と異なる会社に再委託する場合、応募会社と再委託先の会社の双方がデータベースへ登録する必要があります。応募会社は登録必須情報のすべてを登録する必要があります。

Q3-3.「情報提供」で登録していますが応募資格を満たした場合は「エントリー」に切り替えられるのでしょうか。

A.「情報提供」で登録後に「エントリー」の応募資格を満たした場合でも、自動的に「エントリー」に切り替えとはなりません。「エントリー」としての資格と必須情報が登録されているかを確認する必要がありますので、改めて「エントリー」の登録手続きを行ってください。

Q3-4.「エントリー」の応募資格の有無はどのように判断されますか。

A.マーサージャパンのデータベースへの登録情報と「マネジャー・エントリー申込書」の情報により判断します。例えば、「年金運用資産残高」は応募資格の一つとなっていますが、その確認のために年金顧客からの受託額の登録が必要です。再委託先の会社の年金顧客からの受託額も応募資格として必要ですので、「登録ガイド」の説明に従って必ずご登録ください。