用語集

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

用語集トップ

乖離許容幅

基本ポートフォリオは長期的に維持すべき資産構成割合ですが、時価の変動等により乖離が生じるたびに資産の入替え等(リバランス)を行うことは、売買コストの面等から非効率であるため、基本ポートフォリオからの乖離を許容する範囲を定めており、これを乖離許容幅といいます。

格付

債券の信用力や元利金の支払能力の安全性などを総合的に分析してランク付けし、アルファベットなど分かりやすい記号で示されたものです。格付機関が付与します。一般にBBB格までが投資適格とされ、BB格以下になると信用リスクが高くなるとされています。

株価自己資本倍率(PBR)

株価自己資本倍率(PBR)は、株価を1株当たりの自己資本(企業の総資産から負債を差し引いたもの)で割って求めたものであり、株価収益率(PER)同様、株価が割安か割高かを判断する際の一つの指標です。

含み損益修正後の株価自己資本倍率(修正PBR)は、PBRを算定する際の分母となる自己資本を、貸借対照表には計上されていない有価証券の含み損益等により修正したものです。

株価収益率(PER)

株価をその発行企業の1株当たりの利益で割った値です。株価が割安か割高かを判断する際の一つの指標です。

GARCH(Generalized Autoregressive Conditional Heteroskedasticity)モデル

価格を動かす力がその時々で揺らぐと考え、時系列モデルで想定される価格の予測値とその誤差をボラティリティのメルクマールとして、実績値とそれらの乖離の程度の大小により短期的なリスクを把握するモデルです。

議決権行使

株主が、株主総会で、会社の経営方針等に対して決議する権利を行使することをいいます。株主は企業の利益や資産、経営権等に関する取り決め等を決議する権利(議決権)を有します。

機関投資家にとって、議決権行使は、投資対象企業が株主利益の最大化を図っているかという視点から企業経営をモニタリングする一手段であり、投資収益の向上を図ることを目的とするものです。

グローバルカストディ

世界の各国市場における有価証券の決済、保管や利息・配当金の受領などの資産管理全般を一括して行うサービスです。外国投資を行う投資家のために外国の大手銀行が提供しています。投資家は投資国ごとにカストディ(資産管理)契約を行う必要がなくなるため、膨大な事務負担が軽減されます。

ゲートキーパー

投資家のために投資対象の選別や資産配分の決定等のサービスを提供する運用機関や助言機関をいいます。幅広い候補の中から、投資家の目的や戦略等に合致する投資対象の分析、選別、資産配分、及び投資後の管理、モニタリング等の役割を担います。

現地源泉徴収税

外国株式や外国債券から生ずる配当金や利子を我が国の法人や個人が受け取る際に、外国の租税当局によって課される税金のことをいいます。

コーポレート・アクション

会社合併、第三者割当増資、株主割当増資、株式分割等の有価証券発行企業の財務上の意思決定をいいます。これらは、保有している有価証券の価値(株数、価格等)に影響を与えます。コーポレート・アクションのベンチマークにおける取扱いと有価証券を保有しているファンドにおける実務的な処理に相違がある場合には、一時的なトラッキングエラーの発生要因になることがあります。

用語集トップ

  • 管理・運用状況
    • 最新の運用状況ハイライト
    • 前年度末の運用状況ハイライト
  • GPIFについて知る
  • 年金積立金運用(厚生労働省Webサイト)

ページの先頭へ戻る