ごあいさつ

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、厚生労働大臣から寄託された年金積立金の管理及び運用を行うとともに、その収益を年金特別会計に納付することにより、厚生年金保険事業及び国民年金事業の運営の安定に資することを目的としています。

お預かりする年金積立金は、将来の年金給付の貴重な財源となるものです。私たちは、年金加入者の皆様の利益のために最善の努力を尽くし、受託者としての責任を果たしつつ、この目的を達成するため、次の3点に取り組んでまいります。

第一に、「投資原則」に従って管理運用体制を強固なものとします。資金運用は経済環境などに左右されますので、短期的な収益状況の変動は避けられませんが、私たちは、長期的な観点に立った分散投資を基本とし、適切なリスク管理を行い、年金積立金の安全かつ効率的な管理及び運用に努めます。

第二に、日々の業務の原点を「国民の皆様から信頼される組織」であることに置き、誠実に「行動規範」に基づき行動します。自己研鑽と専門性の向上に努め、コミュニケーションとチームワークを大切にし、一人ひとりが個性と能力を発揮して、GPIFの使命達成のために努力します。

第三に、独立行政法人としての特性も活かしながら、効率的な事業運営を行うとともに、WebサイトやSNSなどを通じ、積極的な情報開示に努めます。

役職員一同全力で取り組んでまいる所存ですので、国民の皆様のご理解、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

年金積立金管理運用独立行政法人
理事長 髙橋 則広

  • 管理・運用状況
    • 最新の運用状況ハイライト
    • 前年度末の運用状況ハイライト
  • GPIFについて知る
  • 年金積立金運用(厚生労働省Webサイト)

ページの先頭へ戻る