調査研究にかかる情報提供依頼

次のとおり、情報提供を依頼します。

  1. 件名

    「調査研究にかかる情報提供依頼」

  2. 依頼の趣旨

    投資にかかる手法については、運用機関や大学等において幅広く調査研究が行われ、常に新たな手法が開発されています。調査研究のテーマ設定において外部の知見を活用することは有益であると考えられることから、平成29年度以降に当法人が実施する委託調査研究・共同研究のテーマ設定の参考として、以下のようにRFIを実施します。

    本件依頼により、広く関連情報を求め、今後の方針を決定する際の基礎資料として活用する予定です。

  3. 情報提供依頼
    1. (1)人工知能(AI)が運用に与える影響について
      1. ① 年金積立金の長期運用への活用可能性について
      2. ② GPIFの業務全般への活用可能性について
      3. ③ 運用会社のビジネスモデルへの影響について
    2. (2)運用会社のビジネスモデルについて
      1. ① 運用会社の事業戦略について
      2. ② 運用会社の収益・費用構造について
      3. ③ 運用会社の経営者・従業員に対する金銭的インセンティブについて
    3. (3)ベンチマークの在り方について
      1. ① GPIFに相応しいベンチマークの選択と構成について
      2. ② 海外公的年金基金等におけるベンチマークの考え方について
    4. (4)債券投資におけるESGについて
      1. ① グリーンボンドやソーシャルボンドの市場について
      2. ② 国債や社債等への投資におけるESGの有効性について
  4. 提出書類

    年金積立金管理運用独立行政法人が実施する調査研究に関する情報提供書[Word:45KB]

  5. 募集期間

    平成29年4月28日(金)から平成29年5月26日(金)まで

  6. 想定する研究実施方法について
    1. > 委託調査研究

      委託調査研究は、当法人が作成する仕様書に基づき調査研究を行い、期限内に報告書を提出するもの。実施においては、進捗管理のために当法人職員と定期的にミーティングを行うものとし、また必要に応じて当法人職員が調査研究に参加することを認めるものとする。

    2. > 共同研究

      共同研究は、当法人が作成する仕様書に基づき学術的な研究を行い、論文の公表や報告書の提出を行うもの。実施においては、当法人職員がノウハウ獲得のために研究に参加するものとする。

  7. 提出先及び連絡先

    〒105-6377 東京都港区虎ノ門 1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー 7階
    年金積立金管理運用独立行政法人 企画部 調査課
    電話03-3502-2487

  8. 提出方法

    E-mailによる

    年金積立金管理運用独立行政法人が実施する調査研究に関する情報提供書[Word:45KB]及び情報提供内容に関する資料(任意様式(ただし、エクセル又はパワーポイントによる))を添付してメールアドレス宛に提出してください。

  9. 主な研究実績

    当法人が過去に実施した主な委託調査研究及び共同研究については、下記のファイルをご覧ください。

    主な研究実績[PDF:99KB]

  • 管理・運用状況
    • 最新の運用状況ハイライト
    • 前年度末の運用状況ハイライト
  • GPIFについて知る
  • 年金積立金運用(厚生労働省Webサイト)

ページの先頭へ戻る

アドビシステムズ社のAdobe Reader®ダウンロードページへ PDF資料をご覧いただくにはAdobe Reader®が必要です。
左の Adobe Reader® ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズのWebサイトよりインストールしてください。