証券訴訟一覧

2017年6月29日現在

管理運用法人のファンドが有価証券報告書等の虚偽記載により被った損害を回復するため、資産管理機関が提訴している訴訟は以下のとおりです。

国内

被告 提訴日 原告 訴額 状況
(株)東芝 平成28年5月6日 日本トラスティ・サービス信託銀行 12億6203万1213円
(プライマリー)
第一審係属中
(東京地方裁判所)
(株)東芝 平成28年8月9日 日本トラスティ・サービス信託銀行 119億9261万7778円
(セカンダリー)
第一審係属中
(東京地方裁判所)
新日本有限責任監査法人 平成29年5月17日 日本トラスティ・サービス信託銀行 35億円 第一審係属中
(東京地方裁判所)

外国

被告 提訴日 原告 訴額 状況
フォルクスワーゲンAG 平成28年3月14日 日本マスタートラスト信託銀行(集団訴訟に参加) 訴状において
具体的な金額の記載なし。
第一審係属中(ドイツ)
フォルクスワーゲンAG 平成28年9月19日 ステート・ストリート信託銀行(集団訴訟に参加) 訴状において
具体的な金額の記載なし。
第一審係属中(ドイツ)
Porsche Automobil Holding SE 平成28年9月19日 日本マスタートラスト信託銀行(集団訴訟に参加) 訴状において
具体的な金額の記載なし。
第一審係属中(ドイツ)

業務活動に関する情報に戻る

  • 管理・運用状況
    • 最新の運用状況ハイライト
    • 前年度末の運用状況ハイライト
  • GPIFについて知る
  • 年金積立金運用(厚生労働省Webサイト)

ページの先頭へ戻る