最新の運用状況ハイライト

平成27年度第2四半期運用状況[PDF:717KB]

  • 運用実績
  • 資産構成割合

年金積立金は長期的な運用を行うものであり、その運用状況も長期的に判断することが必要ですが、国民の皆様に対して適時適切な情報提供を行う観点から、作成・公表が義務付けられている事業年度ごとの業務概況書のほか、四半期ごとに運用状況の公表を行うものです。

  平成27年度第2四半期 市場運用開始以降

(平成13年度~平成27年度第2四半期)

収益率
-5.59%(期間収益率)
2.79%(年率)
収益額
-7兆8,899億円(期間収益額)
45兆4,927億円(累積収益額)
運用資産額
135兆1,087億円(平成27年度第2四半期末現在)

グラフ

複数の資産に投資することで、リスクを抑えながら期待収益率を上げる「分散投資効果」を用いて、基本ポートフォリオ(長期的な観点からの資産構成割合)を策定しています。

基本ポートフォリオ

資産構成割合(年金積立金全体)

平成27年9月末

  第2四半期末
(平成27年9月末)
(年金積立金全体)
構成割合
国内債券 38.95%
国内株式 21.35%
外国債券 13.60%
外国株式 21.64%
短期資産 4.46%
合計 100.00%
  • (注1)上記数値は四捨五入のため、各数値の合算は合計値と必ずしも一致しません。
  • (注2)年金積立金全体とは、年金特別会計で管理する積立金を含みます。なお、基本ポートフォリオは、年金特別会計で管理する積立金を含めた年金積立金全体に対し、国内債券35%(±10%)、国内株式25%(±9%)、外国債券15%(±4%)、外国株式25%(±8%)です。
  • (注3)オルタナティブ資産の年金積立金全体に占める割合は0.05%(基本ポートフォリオでは上限5%)です。
  • 管理・運用状況
    • 最新の運用状況ハイライト
    • 前年度末の運用状況ハイライト
  • GPIFについて知る
  • 年金積立金運用(厚生労働省Webサイト)

ページの先頭へ戻る

アドビシステムズ社のAdobe Reader®ダウンロードページへ PDF資料をご覧いただくにはAdobe Reader®が必要です。
左の Adobe Reader® ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズのWebサイトよりインストールしてください。