オルタナティブ資産の運用機関の公募について

国内外のオルタナティブ資産(プライベート・エクイティ、インフラストラクチャー、不動産)投資を実施するため、新規運用機関を公募します。

  1. 1. 公募の概要

    ファンド・オブ・ファンズ型(当法人専用のセパレート・アカウント設定によるもの)

    (1)プライベート・エクイティ(グローバル・戦略分散型運用)

    1. 運用スタイル:多様な投資戦略のプライベート・エクイティ・ファンドへの分散投資
    2. 投資対象地域:グローバル

    (2)インフラストラクチャー(グローバル・コア型運用)

    1. 運用スタイル:ブラウンフィールド・コア型のインフラストラクチャー・ファンドを中心とする分散投資
    2. 投資対象地域:主に先進国

    (3)不動産

    ① グローバル・コア型運用

    1. 運用スタイル:コア型の不動産ファンドを中心とする分散投資
    2. 投資対象地域:主に先進国(原則として、日本除く)

    ② ジャパン・コア型運用

    1. 運用スタイル:コア型の不動産ファンドを中心とする分散投資
    2. 投資対象地域:日本
    1. ※投資対象地域については、対象とする範囲を限定して応募することも可とします。
    2. ※上場ファンド等を主な投資対象とした運用戦略は対象外とします。
    3. ※コア型とは、安定的なインカムの獲得を主な目的とした運用戦略です。
  2. 2. 公募方法

    公募は、マネジャー・エントリー制度(オルタナティブ資産)により行います。

    マネジャー・エントリー制度(オルタナティブ資産)についてはこちらをご参照下さい。

  3. 3. 公募期間

    公募は平成29年4月11日から開始し、期限は設けません。

    なお、審査は平成29年6月1日から実施します。

  4. 4. 特記事項

    (1)今回公募する新規運用機関は、「金融商品取引法」(昭和23年法律第25号)に基づく投資運用業としての登録を行い、公募対象プロダクトにおいて、投資業務を行うことができる者としています。その為、海外のファンド・オブ・ファンズマネジャーで投資運用業の登録がない場合等においては、適格な運用機関をゲート・キーパーとし、共同で応募する必要があります。

    なお、応募資格を満たさない場合は、情報提供の申込みを行うことが可能で、今後、応募資格を満たした場合には、エントリー申込みを行うことができます。

    (2)平成29年4月17日(月)に当法人にて本件の説明会を開催しました。説明会資料はこちら(和文英文)をご覧ください。

  • 管理・運用状況
    • 最新の運用状況ハイライト
    • 前年度末の運用状況ハイライト
  • GPIFについて知る
  • 年金積立金運用(厚生労働省Webサイト)

ページの先頭へ戻る

アドビシステムズ社のAdobe Reader®ダウンロードページへ PDF資料をご覧いただくにはAdobe Reader®が必要です。
左の Adobe Reader® ダウンロードボタンをクリックし、アドビシステムズのWebサイトよりインストールしてください。