安全かつ効率的な運用1

運用の対象とする資産には、国内債券、外国債券、国内株式、外国株式のように幾つかの資産があります。運用による収益が変動する要因には、経済状況等により資産の価値が変わってしまったり、株式や債券の発行者が倒産してしまうなどがありますが、外国の資産の場合は、これに加えて円高や円安といった為替の影響も受けることになります。

リスクとリターンのトレ-ドオフ

運用資産には、それぞれ異なった特性があります。一般的には、リスクの小さな資産は得られる収益(リターン)が小さく、リスクの大きな資産は高いリターンが得られると言われています(これをリスクとリターンのトレ-ドオフといいます。)。

  • 管理・運用状況
    • 最新の運用状況ハイライト
    • 前年度末の運用状況ハイライト
  • GPIFについて知る
  • 年金積立金運用(厚生労働省Webサイト)

ページの先頭へ戻る