長期的な観点からの運用

運用によって得られるリターン(収益率)は、短い期間では「プラス」や「マイナス」に大きく振れますが、年金は長期間にわたって給付を行うものであるので、年金積立金の運用にあたっても、長期的な観点を持って、必要なリターンを最低限のリスクで確保することを目指すこととしています。

「リスク」とは

リスクは、一般的には「良くないことの起こる可能性」という意味で使われますが、資産運用では、運用による収益率(リターン)が「プラス」あるいは「マイナス」となる幅のことを言います。

  • 管理・運用状況
    • 最新の運用状況ハイライト
    • 前年度末の運用状況ハイライト
  • GPIFについて知る
  • 年金積立金運用(厚生労働省Webサイト)

ページの先頭へ戻る