安全かつ効率的な運用2

資産運用には「全ての卵を一つのかごに入れてはいけない(Don't put all your eggs in one basket.)」ということわざがありますが、性質やリターンの動きの異なる複数の資産に分散して運用することにより、一つの資産で運用するよりリスクを抑えることが可能となります。(分散投資)

また、国内資産に加えて、外国資産に投資することにより、分散投資の効果は一層高くなります。(国際分散投資)

年金積立金管理運用独立行政法人では、この「分散投資」の考え方を活用して安全かつ効率的な運用を行っています。

「分散投資」による効果とは

収益率の動きが同じ2資産を同じ比率で組み合わせても収益率の動きは変わらず、収益率の変動の幅(リスク)はそのままです(例1)。しかし、収益率の動きが逆の2資産を同じ比率で組み合わせれば、収益率の変動の幅(リスク)は相殺されます(例2)。

このように、収益率の動きが異なる資産を組み合わせることで、お互いの収益率の動きの一部を打ち消し合い、資産全体のリスクを抑えることができます。

例1 収益率が同じ動きをする資産の組合せ
グラフ:収益率の変動の幅(リスク)はそのまま

例2 収益率が逆の動きをする資産の組合せ
グラフ:収益率の変動の幅(リスク)はゼロ

  • 管理・運用状況
    • 最新の運用状況ハイライト
    • 前年度末の運用状況ハイライト
  • GPIFについて知る
  • 年金積立金運用(厚生労働省Webサイト)

ページの先頭へ戻る